地域別で異なる結婚式の費用【予算内で素敵な演出を】

ハート

打ち合わせをスムーズに

会場

自分たちのイメージ次第

結婚式ではまず挙式を行い、その後披露宴、場合によるとその後に二次会というのが最近の一般的な流れです。少人数結婚式や家族婚、格安結婚式が多くなっている今日ですが、やはりできる事ならば多くの人に祝福してもらいたいというのが本音ではないでしょうか。最近では披露宴の代わりに少人数での会食を行い、友人たちには二次会でお披露目をするという流れも珍しくなくなってきました。だいたいの流れが決まっている挙式や披露宴と違い、新郎新婦のイメージ次第でどのようにも作ることができるのが二次会の特徴です。二次会を成功させるには、二次会のイメージを二人でしっかりと決めてから幹事の人との綿密な打ち合わせに臨むことが大事です。現在は友人に依頼する人だけでなく、幹事の代行業者もあるので、そちらに依頼する人も増えています。

相手への配慮が必要

自分たちのイメージ通りに二次会を行うには、幹事の人との打ち合わせが重要となってきます。多くの場合、二人と特に親しい友人に幹事を依頼しますが、親しい友人に依頼する際でも礼儀や常識は必要です。幹事という大役を引き受けてくれたことへの感謝を忘れてはいけません。幹事の人も仕事などで忙しい中、貴重な時間を割いて打ち合わせに来てくれています。自分たちだけが結婚準備で忙しいと思わず、打ち合わせ時間や回数、場所など相手に配慮するよう心がけましょう。自分たちのイメージや行いたい事などをあらかじめ紙に書いて準備しておくと、幹事の人ともスムーズに打ち合わせできます。どのようにもできる二次会だからこそ、しっかりとした打ち合わせでイメージ通りのものにしたいですね。